10月 6

オフィス用品の中でもなくてはならない存在なのが複合機です。パソコンの普及もありデジタル化が進んでいる現在でも、書類の大半は紙媒体ですから、複合機がなければ業務を円滑に行うことができません。

しかし、複合機を導入するにあたってネックになる点は、金額が高すぎるという事です。最新モデルの上位クラスになると数百万という機種もあり中小企業にとっては導入を検討するにもならない金額です。中古を利用するにしてもそれなりの金額になりますから、負担も大きいですよね。

そこで最近増えているのがリース契約です。リース契約は毎月決まった金額を払って機器を導入することができますが、レンタルと違うのは機種をこちらから指定できることや、新品を選べるという事です。リース契約後に買取をするなどの柔軟な対応も可能になっています。

そんな複合機のリース契約を考えているならこちらのサイトがお勧めです。

複合機リースの見積サイト【QOOL】

≫≫http://www.qool.ne.jp/≪≪

こちらのサイトでは、数多くのメーカーから発売されているあらゆる機種に精通しており、状況に合わせてベストな機種を選んでくれるほか、どのくらいの金額が必要になるのかという見積もりも行うことができます。独立開業に必要な作業の支援も行ってくれるので、新規で事業展開を考えている人にもおすすめのサイトです。


9月 26

複合機は会社にとって大きな役割を果たし、何とかして購入したいと考えている会社も多いと思います。でも新品の状態でそのまま購入すると何百万もしてしまい、いきなりそんな多額のコストを支払うことは出来ないといったことになります。複合機は初期導入費用を抑える方法がいくつかあり、リースを利用するというのも一つの方法になります。

複合機はリースしているという会社が多いのですがリースする理由として経費扱いになるという事があります。経費にできると税金の負担を減らすことができます。法人税は会社の利益に対してかかりますが、複合機を経費で負担することができれば、負担した分だけ税金対象から外す事ができます。経費という物はただ経費にできれば税金対策になると言う物ではないため一概に経費扱いにできることがメリットとは言えませんが、経費と税金の関係を理解していると上手に利用することができます。

複合機をリースするときには本当に複合機は会社にとって重要な役割を果たすのかという事を真剣に考えてみましょう。経費で落とすからにはそれだけの価値が見出せないといけません。無駄な経費になってしまうとリース料金そのものが無駄になってしまうという事を覚えておいてください。


9月 17

法務や税務に関することは、やはりその道のプロフェッショナルのサポートを受けたほうがいいと思います。なぜならこの手のことは専門性が高いので、自分で行なおうと思っても、なかなか捗らないことが目に見えているからです。ではプロフェッショナルのサポートを受けると決めたときですが、どのような事務所を利用するのがいいでしょうか。たとえば、相続税の場合についてですが、こちらを参考にしてみてください。

そこで、今回は「相続税申告のツチヤ(税理士)/東京都新宿区の土屋会計事務所」というサイトをご紹介します。こちらは、相続税申告に強いサポートを取り扱っている事務所のサイトです。明朗な会計でかつスピーディーな対応を行なってくれるので、税務を任せるのに最適なサービスといえます。

土屋会計事務所のメリットは数多くあります。一つは安心のサポートを実施していることで、大手出身の税理士がマンツーマンで対応してくれます。また、契約までの相談は無料なことに加え、見積もり後の追加料金は無しというお得な体制です。さらに、最短3週間での対応や、書類の完成期限をあらかじめ教えてくれるなど、サービスを受ける側にとってありがたいことばかりです。

熟練のサポートを受けたいときは、上記の事務所を参考にすることをおすすめします。